国内最大級の草レース「テイストオブツクバ2016 KAGURADUKI STAGE」で5位入賞!

国内最大級のイベントレース

みなさんこんばんは!あっという間に秋も過ぎ、季節はすっかり冬ですが、風邪などひいていないでしょうか?

あっというまに1週間が経とうとしていますが、日曜日に開催された、「テイストオブツクバ2016 KAGURADUKI STAGE」に出場してきました!

このテイストオブツクバは、茨城県下妻市にある、筑波サーキットで年に2回開催されるレースなのですが、最新のレースマシンではなく、1970年代から1980年代に生産・販売されていたオートバイが中心のレースで、かなりの人気です。パドック内は人で溢れていて、スタンドはいつも満席で立ち見のお客さん達も、フェンスにしがみついて観戦されています。

レースを紹介した動画があるので、是非ご覧ください!

春のクラッシュからのリベンジ

そんなテイストオブツクバですが、5月に開催されたSATSUKI STAGEでは、スタート直後のクラッシュに巻き込まれてしまい、そのままリタイヤ。とても悔しい思いをしました。

そこからマシンも復活し、今回はまた表彰台に戻るためのリベンジレースになりました!

予選

レース前の練習は、雨が降ったり、寒かったりでなかなかタイムが出せずにいましたが、当日はここ最近で1番タイムが出ていたときの設定に戻し、気持ちも切り替えて挑みました。

今回は決勝出走台数36台に対して、42台のエントリーだったため、予選も3組に分かれておこなわれました。その3組目で1分05秒337の4番手、総合5番手で予選を終え、いざ決勝です!

決勝

今回は前日の練習ができなかったので、スタートの練習もしていませんでしたが、このところスタートの調子も良かったので、特に心配はしていませんでした。

スタートも上手くいき、最初からある程度速いタイムでラップできましたが、やはり先頭グループは速く、あっという間に単独の5番手になりました。

すぐ後ろには0.5秒とか0.1秒差で6位の選手がいたので、とにかく抜かれないように頑張りました。

そして10周の決勝を終え、無事に5位入賞でレースを終えることができました!

ここから先はなかなか大変です

今回も、Bagus! motorcycleの皆さんには、心強いサポートをしていただき、無事にレースを終えることができました。いつも本当にありがとうございます。

前回の結果からすると、ホッとしましたが、もうそろそろ3位以内、さらには優勝を目指していきたいところです。

決勝のタイムは1分04秒875という自己ベストではありましたが、勝つためにはまだまだ1秒以上速く走る必要があります。

レース後に、Bagus!の監督や、レースを始めた時からずっとお世話になっているプロライダーの師匠には、

「綺麗に上手に乗るようになったけど、ここから先は、もっと積極的にカラダを使ってオートバイを曲げたりしていかないといけないね」

というアドバイスをいただきました。

ということは、まだまだ可能性があると言うことですね!

ということで、目指すは1分03秒台。
順位はもちろん優勝を目指して、さらにトレーニングも練習も頑張っていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です