「ランニングマンを上手にできるようになったらランニングも実は結構上手くいくんじゃないか?」と考えています

学校の体育でもやるようになったダンス

ゴールデンウィーク突入ですね!この連休はみなさんどんな過ごし方をされるでしょうか?
今日は何かの研究を紹介するというわけではなく、私の主観的な意見です!

さて、皆さんランニングマンをご存じでしょうか?
最近は、テレビでも人気のあのグループですっかりお馴染みかもしれませんが、ダンスの基本動作(基本の振り?)でもあります「ランニングマン」

私も中学生の時、文化祭で披露するためにダンスをやっていました
陸上部の先輩もダンスをしていたり、そのさらに先輩が東京に出てきたりもしていたすごく上手い人だったりということで、このランニングマンを「基本」として教えてもらいました

「踊るなら教ゆっばい!」(佐賀弁です)と、いつも練習に付き合ってもらってました
※もちろん!ちゃんと部活動で陸上の練習をしてからです

shutterstock_194802359

そんなダンスも、今では中学校の保健体育の科目にもなっていますね!(平成20年3月に改訂された中学新学習指導要領により)

文部科学省では、平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では中学校保健体育において、武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。
武道は、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。また、武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。
ダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。

文部科学省ホームページより(http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/jyujitsu/1330882.htm

ここには「現代的なリズムのダンス」とありますが、これがストリートダンスやヒップホップダンスのことですね
このダンスのリズムや動きがカラダに染みついているということは、とても良いことだと思っています

「ランニング」に関して言えば、この「ランニングマン」はスプリントドリルの「ハイニー(ももあげ)」の動きに似ていませんか?

脚の付け根を使って素早く引き上げ、カラダの真下あたりに足をおろす動作ですよね!
しかも音楽に合わせてリズムに乗れていたら、脚を切り替えるタイミングがズレることも無さそうです
逆に力が入りすぎていると動きがバラバラになったりして、何より「かっこ良く」踊れませんよね!

スプリントドリルや走る技術練習をするときは、どうしても「ガチッと固まって」しまいがちです
もちろん、力を入れる時(例|接地の瞬間)はちゃんと入れますが、力を抜く時(例|空中にいる時)は抜くというのも大切です

リズムに乗って、ダンスのようにかっこ良く走る

皆さんもこんな動画を探してやっててください
フィットネスクラブに通われている方は、ダンスのブログラムを是非試してみてください

ただひたすら走るだけではなく、たまにはこういうものも取り入れてみて、皆さんのランニングに役立ててみてください!
どこかにヒントが隠れているはずです

そして、お子さんがいらっしゃる方は、是非お子さんと「ダンスバトル」とかして楽しんでみてください!
きっと、とても楽しいはずです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です