ランニングで脚力強化はできるのか?|長距離のランニング(だけ)をやりすぎると筋肉は落ちる?!

「走行距離」を追い求めることの弊害

今週は「寒の戻り」で少し寒いようですが、来週からはまた春らしい天気になるそうですよ!

さて、タイトルにもありますが、良く色々なところで「ランニングで脚力アップしたいです!」という言葉を耳にします。昔からこういうことが言われていて、それが今も言い伝えられたりしていますが、果たして本当でしょうか?

そこに私がいつも疑問を感じる理由は、

長距離選手の中で、脚力が強い人を見たことがほとんどないからです

むしろ、「長距離のトレーニングだけ」をたくさん、そして長く続けていくと・・・

ランニングでは、ストレスによるコルチゾール分泌が一因となって、筋からのタンパク質の損失が起こる場合が多い。

(中略)

長期的な多量のランニングによる異化作用は、筋の分解やパワーの減少を引き起こす。走行距離の長いランニングトレーニングをこなしているトップレベルの長距離走競技選手では、10cm前後しかジャンプできない例も珍しくない。

NSCA決定版ストレングス&コンディショニング第6章「有酸素性持久力トレーニングプログラムによる適応」より引用

ここに、「ストレス」とか「コルチゾール」という言葉が出てきていますね

ランニングや筋力トレーニングなどの運動は全て、カラダに「ストレス」を与えています
そして、カラダの中では一時的な「ストレスに対する応答」が起きて、色々な役割をもつ「ホルモン」が出てきます。その内のひとつがコルチゾールというものです

コルチゾールというのは、アミノ酸を炭水化物に変えたり、タンパク質を分解するためのサインを出すホルモンだとされていて、例えばケガをしたときや治療のために固定したりすると出てきます。そして、長期的にこの状態が続くことで(適応といいます)、筋肉を小さくして筋力を弱くしてしまうとされているんです

こういった「応答」が続いていくと、例えば「月に400km走ってるぜ〜」と走行距離を求めてしまうランナーは今もたくさんいますが、コルチゾールが出る状態が長く続いて、筋肉が小さくなって筋力が落ちてしまうというような「適応」が起きてしまうんですね〜

フルマラソンを完走するなら、月に80kmくらい走っておければ大丈夫です
それでも市民ランナーにとっては結構な距離ですからね!
それに、月の走行距離が200kmを超えたあたりからは、あちこちに「痛み」を抱えるランナーが増えてきます

だから、目安は80kmから200kmを超えない程度までという走行距離の設定で良いと私は考えています

脚力は筋力トレーニングで

以前のブログで、トレーニングの3つの原則についてお話しましたが、カラダは与えられた刺激に対して強くなろうとします(特異性の原則)

だから、脚力をつけるならば、「脚に対して強い負荷をかけて強くする」のが一番で、その代表格が「スクワット」ですね

shutterstock_199199402

ランニングはあくまでも、心臓や肺の機能を強くしてくれて、長距離に強い筋肉の中の状態を良くしてくれて「持久力」を高めてくれるトレーニングですので、何もやっていなかった人が始めれば、ある程度は脚力もつくかもしれませんが、ランニングが習慣になってくると、そうも言ってられません

ある程度のレベルから「さらに上を目指したい!」というランナーにとっては、筋力トレーニングはより重要だと言えます

ランニングと筋力トレーニングの組み合わせがおすすめです

そこでオススメなのが、筋力トレーニングとランニングの組み合わせです
この二つを組み合わせておこなうことで、ランニングの燃費があがり、効率的に走れるようになります

ただし、「長距離だから軽い負荷で浅いスクワットを100回とかやれば良いんだ!」とはならないようにしてください

基本は、例えばスクワットなら「けっこう重たい重りで(5回くらいできる重さ)で5回を3〜5セット。休憩は2分」です

「筋肉ムキムキになっちゃうし重くなるじゃん!」

ということもありませんのでご安心ください!
ランニングなどと組み合わせてやっていると、そもそも筋肉は大きくなりづらいですし、体重も増えないという研究結果があります。
上に書いたようなトレーニングは、筋力は強くしてくれるけど、筋肉を大きくするほどではないので、「筋肉ムキっ」ぐらいのちょうど良い感じにとどまってくれるはずです!

しかも、さきほど出てきたホルモンの応答はというと、「同化ホルモン」という筋肉を作ってくれるようなホルモンが出てきますので、運動とお休みを上手く調整できれば、カラダに良いことをしているつもりなのに、「いつも脚の痛みに悩まされる」ということもなくなるでしょう
※この「同化ホルモン」達は、「軽くてたくさん繰り返すような筋トレ」ではなかなか出てきてくれません

もちろん、ランニングトレーニングと筋力トレーニングの割合を決めたり、重たい重りで筋力トレーニングをやる場合は、私たち専門家と一緒に進めて行くのが一番ですので、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

さて、筋肉の話をしているといつもステーキが食べたくなります。これ見て我慢しようかな・・・

IMG_2742

ランニングで脚力強化はできるのか?|長距離のランニング(だけ)をやりすぎると筋肉は落ちる?!” に対して4件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です